2005年09月20日

落札に学ぶ<主導権は誰の手に?>

主タイトルの通り、落札には数々の学びがあります。

ヤフオクでプレミアム会員の登録をして
最初にやったこと・・・

まずは、落札!

相手はストア登録をしていなかったものの
手広くオークションに出品していて、半ストア(曖昧な表現だな・・・)みたいな
方でした。

その初めの一歩落札は、代金の支払いも代引きでさっさと終了して
しまったので、肩すかし状態だったのですが、個人出品をしている方から
落札すると様々な学びがあります。

今回のサブタイトル。
<主導権は誰の手に?>は、私が落札してみて
「おいおい、それは落札者が決めることだろぉ〜よ?」と突っ込みを
入れたくなったことがあります。

出品者からのメールで「発送は定形外でいいですか?支払い総額は○○○○円です」
とファーストメールが来たことです。

あら?もう発送方法が決まっているの?
あら?それを元に支払額も算出されてるのね〜

確か、出品ページでは、ゆうパックの指定もありましたわよね。
まっ、こちらも定形外でお願いしようと思いました・・・が。

それの決定権は、落札者にあるのではないですか?
しかも、保障の無い定形外を出品者が先に指定するのは
いただけません。

郵便事故(商品の紛失など)があった場合に、出品者が不利になってしまいますよ。

支払方法&発送方法は落札者に決めてもらいましょう。

もちろん、予め出品ページでどんな支払い方法&発送方法を行っているか
明確にしておくことが大事ですけども。

出品者は条件を明確に、その上で落札者に主導権を!
これで、かなりの確立でトラブルが回避できます。

人気ブログランキング





posted by きょうこ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | オークションよもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7136727
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。